マンションは経過年数によって資産価値が下がってきますし、修理が必要になります。そのため修繕費として購入時から管理費とともに徴収されることになります。
新築物件の場合は、修繕の必要がないので安く済みますが、中古物件や競売物件など住人が修繕費等を滞納している場合、購入者が負担する必要があります。
実際にどんな工事が行われているかというと、共用廊下及びバルコニーの防水、窓枠のシーリング、玄関ホールの整備、駐車場や植栽、舗装改修工事などがあります。


一般的なものは外壁塗装で数年ごとに外壁を変更し、美観を保持します。
経過年数の経ったマンションでは、給水管取替工事、エレベーター交換工事、高置水槽取替え、消防設備など大規模な修繕が必要になります。


これらは大規模修繕計画に従って実施され、建物の耐用年数を延長する効果があります。
新築を購入した場合、長期修繕計画書については重要事項説明として説明を受けることになります。

※より詳しく知りたい方へ

マンションなど⼤規模修繕⼯事のパートナー(設計/施⼯会社)探しなら【⼤規模修繕マッチングサイト】⼤規模修繕の進め⽅、費⽤、公募など⼤規模修繕⼯事に関することならなんでもお任せください!

マンションなど⼤規模修繕⼯事をお考えなら【⼤規模修繕マッチングサイト】



マンションの老朽化が進めば、大規模修繕の必要性は必ず発生します。そのために毎月少しずつ管理・修繕費用を入居者全員で積み立てています。現在は大震災の影響などから耐震基準が大幅に変化していますから、マンションによって、大規模修繕の費用は大幅に変化します。構造や建物の老朽の度合いも絡んできますから、平均的なマンション修繕費用を割り出すことは大変難しい状況です。  
もし大規模修繕が行われるとなったときは、必ず工事内容がどのようなものなのかを把握しておくことが大切です。積み立てられたお金は、マンションで生活している方々の大切なお金です。工事内容をしっかり把握しておくことが大切です。

積立金で間に合わなければ、銀行から融資を受けて修繕することになります。借り入れの金額、返済計画、工事完了後のことなどをしっかり把握していなければ、後で大変なトラブルにも繋がりますから、きちんと内容を把握して臨むことが大切なのです。

50歳、女性、あきみ

私が住んでいるマンションは、今マンション大規模修繕工事をしています。

外壁をぬりかえるので足場を組んでいますが、治安のために外出するときや夜寝る時は、必ず窓を閉めなくてはいけないことが苦痛です。

また工事関係の人が多く出入りするので、セキュリティーの効果があまりありません。



42歳、男性、ふくちゃん

細かい部分まで見落とす事無く、丁寧にマンション大規模修繕を行なってくれたので安心感がありました。

マンション大規模修繕を開始する前に施工内容の説明を行なってくれたので、不信感を持つことがありませんでした。



40歳、女性、けいこ

私が現在住んでいるマンションは、もうすぐ10年になり、マンション大規模修繕工事の計画がすすんでいます。

だいたいのマンションが10年から15年サイクルで、大規模修繕工事を計画しますが、マンションの住民の人達の中には、まだ工事をしなくてもいいという人もいます。




45歳、男性、久保田

専門知識を数多く取得しているデザイナーが働いている業者なので、私が希望するデザインを積極的に盛り込んでマンション大規模修繕を完成させてくれました。

マンション大規模修繕の打ち合わせを入念に行なってくれたので好感が持てました。

Copyright©2013